またまた緊急に…

 2016-12-14
今日こちらは冷えて最低気温は3.7℃ほどで昨日より3.5℃低かった。
最高気温は昨日より少し高く11.7℃ほどでした。

今日も午後から義母の所へ…病室階から大阪市内方面を…
12-13umeda.jpg
ぐっすり眠っていたのを起こして…今日は入れ歯も入れていただいていた^^
12-14haha2.jpg 12-14haha3.jpg
夫が、長男から順番に名前を言って貰いましたが
長男??と夫の名前が中々出て来なくて次男、三男、四男はスラスラ言えた
「長男T」と言ってもらって夫は喜び、私の名前も直ぐに言えて(^^♪
12-14haha5.jpg 12-14haha7.jpg
今日は入れ歯のせい??少し顔が浮腫んでいると感じた。

「昨日、先生がご立派!と褒めてくださったよ」と話すと
大きく笑って「そうでうか~」と凄く喜んでいた。
看護師さんも「朝、先生に褒められていましたよ」と…義母は大喜び♪
12-14haha.jpg 12-14haha6.jpg
少し傍で椅子に座って話しましたが、眠そうで、また明日ね~^^/

帰宅して夕飯の支度をし、さてそろそろ食卓へ用意をと
思ったところへ、17時15分に夫の携帯に病院から電話が入り
「意識レベルが下がっているので直ぐに来ていただきたい」という内容。
直ぐに支度して出掛けて、車中から兄弟全員に電話連絡をした。
病院への中間地点ぐらいで、看護師さんからまた電話で中間報告を受け
「太い血管から点滴をするためにICUへ運ばれましたから…」とのこと。

私は、今走行している場所と、あと10~15分で着くことを伝え
何時、どのような状態になったのかを尋ねると、意識が遠のく直前まで
看護師さんと談笑していて、17時頃に急に目がうつろになり
口から泡を吹くような状態だったとのことでした。

駐車場へ着くと、綺麗な満月が…
どうぞ義母にパワーをいただけますようにと~(-nn-)
12-14tuki.jpg
ICUへ行くと、丁度、義母のベッドがICUからCTの部屋へ行くところで
主治医もいらして説明を受けると、血圧は100ほどあるが、
脈が40ぐらいから上がらない。心臓の検査をして少し気になるところが…
脳のCTも撮ってきますので、お待ちくださいとのことだった。

脳出血などの異常はなくてホッとしましたが、脈が40ほどだとMRIが撮れず
落ち着くまで脳梗塞などの病気は見つけられないとのことだった。

循環器の先生の所見は、不整脈があり脈が40ほどになっているので
一時的にペースメーカーを施す必要があるとのことで、直ぐにお願いした。
循環器の手術室へ行く前にICUで対面すると笑って答えてくれた。
12-14haha9.jpg 12-14haha10.jpg
体外式ペースメーカーの緊急手術は1時間もかからずICUへ戻れた。

兄弟家族と総勢8人でご対面
12-14haha11.jpg 12-14haha12.jpg
義母は笑顔で「まぁ~たくさん来てくれて」とか細い声ながら。。。
良かったね~また頑張ったね~と皆が一先ず安堵した。

循環器担当の先生から、丁寧に説明を受けました。
今回の病名は「完全房室ブロック」で、原因は色いろ考えられるが
義母の場合、合わない薬を使用していない。血圧の薬も飲んでいない。
原因は特定できない…強いて言えば年齢的なものでしょうと…

今は仮の体外式ペースメーカーをつけていますが
今は幸いにも自力で脈が戻っています。とのことであった。
でも、また除脈が起こるとペースメーカーが助けてくれるようになる。
そう言う設定をしていますとのことで、身体が安定すれば
埋め込むペースメーカー術をお勧めしますとのことでした。
この年齢でこの状態で、自力で脈が戻ることが凄いですと仰った。
12-14pesu.jpg
義母の場合心筋梗塞でバイパス手術もしているので
手術のリスクの説明も受けましたが、先生の判断で良い時期にと
兄弟一致で手術をお願いすることになりました。

12-14haha8.jpg 12-14haha13.jpg
12-14haha14.jpg
説明を受けて義母のベッドに行くと、いびきをかいて熟睡していた。
声を掛けても、顔や頭を触っても起きなかったので、また明日…と
ICUの皆さんにお願いして帰宅の途に…

今回は17時頃で夕食前の、たくさん人がいらっしゃるときで助かり
またまた強運だなぁと・・・

これから何度もこう言うことが起こるのでしょうね。

帰宅後、満月を…義母をお見守りくださいm(__)m
12-14tuki2.jpg

明日も皆が無事に過ごせますように(-nn-)


関連記事
カテゴリ :義母・介護 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫